オープンレース〜エリザベス女王杯 レース結果



青文字 ピンク→COMの抜粋 黒文字→PODの補足他


エリザベス女王杯 出馬表(良馬場)
牝馬55K ブリンカー着用→6番
馬番
   馬名騎手予想人気   脚質 馬主
 1
マックスオー犬山
15−−−←−−−−けいぱん
 2
ゴールドフレーバー穴田
14−−−−←−−−カメレオン
 3
レインボーブリッジ手塚
 8−−−←−−−−へろへろ
 4
マックスロイヤル知崎
12−−−←−−−−けいぱん
 5アウトオブレイン二又▲▲▲ 3−−−←−−−−へろへろ
 6マドンナクエスト森川
13−−−−−−←−カメレオン
 7
サルルサルルサルル白石◎◎◎ 1←−−−−−−−さるきち
 8
ラッツレアイピス井関○○○ 2−−−←−−−−ラッツー
 9
ポップンミント芹沢
 7←−−−−−−−POD
10
グッバイアロー河合
10−−−←−−−−カメレオン
11
レインボーアイアン神崎
 9−−←−−−−−カメレオン
12
ポップンアイス菊原 △ 6−−−−−−−←POD
13グローリーデイズ長沢△×△ 4−−−−−←−−へろへろ
14ヒシブライアン井戸
11−−−←−−−−けいぱん
15グロリアスショット伝田× × 5−−−−−−−←カメレオン


オープンレース〜エリザベス女王杯に出走してきたのは,上記15頭。人気はサルルサルルサルル,ラッツレアイビス,アウトオブレインの3頭です。今度こそ木村さんの印通りにおさまるでしょうか?


<展開に有利な馬〜PODの事前予想>
逃げ馬が2頭,脚質的には先行馬が非常に多い。揉まれ弱い馬にはつらいかも。京都外回りは前半ゆったりと進むと逃げ馬が残ることもあるが,一般的には差し有利。すべては最初のコーナーまでの長い直線での位置取りがポイントになる。ここで先行馬にゆったりとさせると逃げ残ることもあるが,競り合う展開になると追込一手でもきっちり届く。

というわけで,PODのレース直前予想は,ポップンアイス・グローリーデイズ・グロリアスショット・ポップンミントの4頭ボックス。

個人的には,ポップンミントが来てくれたら一番うれしい。この馬 結構がんばって作りました。強い逃げ馬を目標に・・・。


<パドック>
馬番   馬名     コメント馬体重
 1マックスオーまずまずの仕上がりのようですね,この馬の力は出せるデキにはあると思います580
 2ゴールドフレバーまずまずの仕上がりのようですね,この馬の力は出せるデキにはあると思います466
 3レインボーブリッジ体のハリも良く,いい状態に仕上がっています。この状態なら十分期待できるでょう476
 4マックスロイヤル体のハリも良く,いい状態に仕上がっています。この状態なら十分期待できるでしょう566
 5アウトオブレインいつもよりちょっとうるさいようです。レースでもまれるとちょっときびしいですよ456
 6マドンナクエストまずまずの仕上がりのようですね,この馬の力は出せるデキにはあると思います440
 7サルルサルルサルルこの馬はハナにこだわるタイプなので同型が多いのがちょっと気になりますね492
 8ラッツレアイビスこれはかなりイレこんでいますね。このままではレースにならないかもしれませんよ580
 9ポップンミント体のハリも良く,いい状態に仕上がっています。この状態なら十分期待できるでしょう456
10グッバイアローまずまずの仕上がりのようですね,この馬の力は出せるデキにはあると思います580
11レインボーアイアンまずまずの仕上がりのようですね,この馬の力は出せるデキにはあると思います520
12ポップンアイス体のハリも良く,いい状態に仕上がっています。この状態なら十分期待できるでしょう460
13グローリーデイズなかなかいい気合いを見せています,状態も良いようで期待できるでしょう460
14ヒシブライアン体のハリも良く,いい状態に仕上がっています。この状態なら十分期待できるでしょう486
15グロリアスショットなかなか仕上がりがいいですね,これならいつも通りには走れるでしょう456


<パドックを見て・・・>
ラッツレアイビスのイレこみが激しい。先行勢でもまれる展開が予想されるだけにつらいかも。


薄曇りの京都競馬場 エリザベス女王杯,G偽チ 芝2400メートル,馬場状態は良 15頭で争われます。それではここで木村さんに最後のまとめをお願いします。

気配絶好のサルルサルルサルルと鞍上が魅力のラッツレアイビスのマッチレースになるでしょう。つけいるスキはなさそうです。穴はここ狙いのアウトオブレイン,厩舎期待のグローリーデイズですが,やや荷が重いでしょう。


エリザベス女王杯 発走(8/16AM8:00)

スタート直後〜
(9,7,4,10,3,5,8,11,14,2,1,12,13,6)−15
スタートしました。
ややバラけたスタートになりました。
15番グロリアスショットは行き脚がつかない,後方におかれます。

まず,ハナを切って行ったのが9番ポップンミント。
7番サルルサルルサルルがこれをかわして先頭へ。
7番サルルサルルサルルは先行して好位2番手を追走。
8番ラッツレアイビスは中団9・10番手あたりの位置。
先頭から最後方までは10馬身ほど。このあたりで各馬落ち着いたもようです

第1コーナー〜第2コーナー
(9,7)−(11,4,14,5,3),(1,2,8,10,12),(6,13,15)
先頭は9番ポップンミント,2番手以下を1馬身ほどリード。
その後に続くのが7番サルルサルルサルルです。
その後ろ3馬身ほど切れまして,11番レインボーアイアンが3番手。
14番ヒシブライアン,4番マックスロイヤルの2頭が並走。
5番アウトオブレイン,3番レインボーブリッジの2頭が並走。
その外ほとんど差なく1番マックスオー。
その後ろ2番ゴールドフレバー,さらに外から8番ラッツレアイビス。
10番グッバイアロー,12番ポップンアイスの2頭が並走。
その後ろからいくのが6番マドンナクエスト。
その後ろから追走するのが13番グローリーデイズ。
シンガリから追走はグロリアスショット,先頭から最後方までは10馬身ほど。

第2コーナー〜向こう正面〜第3コーナー
9−7−11,(4,14,5),(1,3)−(8,12,2),(10,6)−(13,15)

このあたり,いぜんとして先頭は9番ポップンミント。
7番サルルサルルサルルがその後ろ2番手につけています。
先頭は9番ポップンミント,2番手以下を1馬身ほどリード。
その後に続くのが7番サルルサルルサルルです。
その後ろ3馬身ほど切れまして,11番レインボーアイアンが3番手。
4番マックスロイヤル,14番ヒシブライアンの2頭が並走。
その後ろ5番アウトオブレイン,さらに内から1番マックスオー。
ほとんど差なく3番レインボーブリッジ。
8番ラッツレアイビス,2番ゴールドフレーバーの2頭が並走。
その後ろ12番ポップンアイス,さらに外から10番グッバイアロー。
その外ほとんど差なく6番マドンナクエスト。

第3コーナー〜第4コーナー
9−7−11,(3,14,1,4,5),(12,6,2,10,8),(13,15)

内にサルルサルルサルル,外からポップンミント。
内から懸命にサルルサルルサルル,その後ろは少しちぎれました。
内にサルルサルルサルル,外からポップンミント。

残り800mの標識を通過します。このあたりから後方の各馬が差をつめる。
先頭は9番ポップンミント,リードは1馬身ほど。
2番手にはサルルサルルサルル,その後ろは少しちぎれました。
先頭は9番ポップンミント,リードは1馬身ほど。

残り600mを通過します。前を行くのは9番ポップンミント。
8番ラッツレアイビスはまだ後方にいます。
2番手にはサルルサルルサルル,その後ろは少しちぎれました。
先頭を行くのはポップンミント,ポップンミントのリードは1馬身

残り400mを通過。先頭はポップンミント。
サルルサルルサルルは脚色が悪い,ここで一杯か。

第4コーナー〜
9−7−11,(3,14,1),(12,4,5,6,10,2),(8,13,15)
2番手にはサルルサルルサルル,その後ろは少しちぎれました。
先頭を行くのはポップンミント,ポップンミントのリードは2馬身。

残り200mを通過,先頭はポップンミント。
内ポップンミント,外レインボーアイアン。
ここで,外からイッキにレインボーアイアンだ。
ここで,マックスオーが最内から突き抜けた。
マックスオーが頭一つ抜けてゴールイン。
今年のエリザベス女王杯を制したのはマックスオーです。


最後の直線で競り合っていたサルルサルルサルルを競り落とし,ラスト200mで逃げていたポップンミントが二の脚を使って他馬を突き放したときは,ニヤリといった状態だったのですが,ラスト50mで完全に交わされてしまいました。CR2の対戦で逃げ切りが可能かということを試すためにかなりがんばって生産した馬を出走させたのですが,この感じだともっと強い馬ができればなんとかなりそうです。


それでは見事エ女王杯馬に輝いたマックスオーについてひとことお願いします。
人気はなかったんですがすばらしいレースをしましたね。これからもっと強くなるかもしれません。

15着に敗れた1番人気のサルルサルルサルルについてはどう思われますか?
最後にいつもの伸びがなかったですね。この馬にはちょっと距離が長いのかもしれません。

そうですか,それでは最後にレースのまとめをお願いします。
レベルの高いレースでしたね,このレースの上位馬は,どのレースに出ても次は勝ち負けでしょう


エリザベス女王杯 全着順
タイム2’21”7 34.6〜36.5 平均ペース
前半3F 34.6(12.6〜10.3〜11.7)
〜11.7〜11.7〜11.4〜11.7〜11.9〜12.0〜11.9〜
後半3F 36.5(11.7〜12.3〜12.5)
1着馬→好位抜出 2着馬→追伸良
15番 ダッシュつかず 半馬身不利,6番ブリンカー着用
着順馬番
  馬  名 タイム 着差通過順位上がり 3F

 1 1
マックスオー2’21”7
 8− 7− 535.7

 212
ポップンアイス2’21”8 1/213−11−1035.5

 310
グッバイアロー2’21”8 1/410−12−1235.4

 411
レインボーアイアン2’21”9 3/4 3− 3− 336.1

 514ヒシブライアン2’22”0 1/4 5− 5− 636.0

 6 9
ポップンミント2’22”0 ハナ 1− 1− 136.8
× 715グロリアスショット2’22”0 1/415−15−1534.9

 8 3
レインボーブリッジ2’22”21・1/4 7− 8− 736.2

 9 6マドンナクエスト2’22”2 アタマ14−13−1135.9
10 5アウトオブレイン2’22”3 1/2 6− 6− 836.2
11 8
ラッツレアイビス2’22”3 1/2 9− 9−1335.9
1213
グローリーデイズ2’22”5 1/212−12−1435.7

13 2
ゴールドフレーバー2’22”71・1/211−10− 936.4

14 4
マックスロイヤル2’23”0  2 4− 4− 437.0
15 7
サルルサルルサルル2’23”31・1/2 2− 2− 238.0


オープンレース まとめ
5位までに入着した馬を管理している馬主さんには1位→10P 2位→6P3位→3P 4位→2P 5位→1Pのポイントが与えられます。2頭出し以上の場合は,上位に入った馬のポイントのみ有効です。
今回獲得したポイント けいぱんさん
POD
カメレオンさん
10
 6
 3


<レースを終えて>
勝ったのはなんと15頭中シンガリ人気のマックスオー号でした。2着も6番人気のポップンアイスが入り大波乱となりました。今回は逃げ馬が折り合ったためか道中比較的ゆったりとした流れになったため,ラストの瞬発力勝負となっても,4角である程度の位置にいないと届かなかったようです。それにしてもシンガリ人気で勝ってしまうとは恐るべし,マックスオー号。

おまけレース(同一馬・同一脚質)での結果はココをクリックしてね。

<次走へのメモ〜競馬○○○○風に・・・>
マックスオー最内の経済コースを歩み,ラスト抜け出す。完勝!
ポップンアイスラストきっちり差し込む。勝ち馬とは道中の位置取りの差。
グッバイアロー4角で一息いれて,ラスト伸びる。見応えのある内容。
レインボーアイアン好位3番手を追走しそのまま流れ込む。先行勢では最先着。
ヒシブライアン絶好位を追走したが,ラストでの末脚勝負に負けた。
ポップンミントマイペースで逃げる。逃げてこの内容は優秀。
グロリアスショット最後方から直線勝負にかける。4角であの位置ではここまでか。
レインボーブリッジ好位追走もラスト伸びあぐねる。
マドンナクエストラスト伸びてきているが差しきるまでは・・・。
アウトオブレイン4角でややおかれ気味に,道中もまれたことが影響したかも。
ラッツレアイビス道中もまれて自分の競馬ができず。
グローリーデイズ4角でペースが上がったところでおかれ気味に。
ゴールドフレーバー前半1時的にペースが上がった所で追走に手間取る。
マックスロイヤル好位追走のように見えたが,スタミナ切れ。
サルルサルルサルルポップンミントとの競り合い。今回は相手が悪かった。


クラシックロードの部屋(対COM攻略・対戦)