名馬生産のポイント
〜クラシックロード優駿2(PS版)

 強い馬は競走馬として活躍した親からのみ生まれてくるとは限りません。何事にも相性というものがあるからです。このページでは強い馬を生産するためのポイントをまとめてみました。


a.配合のポイント〜ニックス編
 今までの経験から父系同士の相性がよく,活躍馬を多く出す場合が多い配合パターンをニックス配合といい,現実の競馬界でもかなり重要視されています。当然経験則なので科学的根拠はありません。本ゲームでもニックスは重要視されているようで,全体の能力の底上げをはかるという点から積極的に多重ニックスを狙っていきたいものです。

 「クラシックロード優駿2」のニックスはダビスタ等の場合と違い,血統内にニックスの対象となる種牡馬(父系)がいれば,それがたとえ直系でなくてもニックスが成立します。ニックスの組み合わせは70通り以上にわたっているようですが,種付け時の産駒の想定で確かめることができますから,種付け時に多重ニックスが存在するような配合をひとつずつ見ていけばいいでしょう。

b.配合のポイント〜インブリード編
 ダビスタ好きな人ならいやというほどインブリードの知識がついてしまっているはずです。インブリードとは血統中(本ゲームの場合は5代目まで)に同じ馬がいる場合(近親交配)のことをいいます。インブリードが存在するとインブリード馬の特性がその仔に強く遺伝します。プラスの方向に作用するときもあればマイナスの方向に作用する場合もあります。つまり,両親の能力以上の仔が生まれる場合もあれば,まったく能力を受け継がない場合もあります。近親交配なので,あまりにインブリードの作用が強すぎると体が弱い仔が生まれてきたり,気性難の仔が生まれたりと多くの弊害が生じます。インブリードの比率が18.75%になった場合を奇跡の血量といい,本ゲームでは能力のばらつきが最大になります。この血の濃さを上限としてインブリードを導入してみましょう。

インブリード効果一覧
スピード産駒のスピードがupします。
スタミナ産駒のスタミナがupします。
勝負根性勝負根性が高まります。
ダート適性ダート適性がupします。
気性難気性が激しくなります。
大物排出 ダビスタでいうところの安定Cに通ずるのでしょうか?
プラスに働けばいいのですが・・・。
 ダビスタのようにやみくもにインブリードを取り入れるのは危険というより意味がありません。スピードのインブリードばかり取り入れると距離適性が短くなるという弊害が生ずるからです。スピード・スタミナのインブリードを取り入れすぎると,効果が相殺する恐れがありますので注意が必要です。結局インブリードはひとつかふたつに絞って取り入れた方がいいように感じます。産駒の想定をみてベストと思われる配合を見つけてみましょう。初年度から生産可能な私のおすすめ配合を一例 あげておきます。こんな感じで生産できるようになったら全G祇覇は見えたといってよいでしょう。


ポップンランナー(’96年)
配合(父 ダンスホール)×(母 ダイナアクトレス)
ニックス Northern Dancer × Raise a Native
Northern Dancer × Tom Fool
Northern Dancer × Red God
Raise a Native  × Tom Fool
インブリード Northern Dancer(スピード・根性) 18.75%←奇跡の血量
Native Dancer (大物排出)     6.25%
ポイントニックス4本(それも私が重要と思っていたものばかり)に加えて,インブリードも奇跡の血量+ランダム率up! ハマればかなり強い産駒が生まれてきそうです。


クラシックロードの部屋(対COM攻略・対戦)