G1バトル天皇賞TR〜皐月賞 レース結果



青文字 ピンク→COMの抜粋 黒文字→PODの補足他


皐月賞 出馬表(良馬場)
枠番   馬名性令騎手 予想人気   脚質 馬主
ポップンパレード牡4白石
−−−←−−−−POD
ラッツパーフェクト牡4井関△▲△−−−←−−−−ラッツー
ポップンフライト牡4知崎
←−−−−−−−POD
ヨコハマダンディ牡4手塚×△×←−−−−−−−カメレオン
ターフイム牡4菊原
−−←−−−−−カメレオン
ラッツエンペラー牡4穴田○○○−−−−−←−−ラッツー
コンサートライナー牡4伝田▲×▲−−−−−←−−ゆう
フィラデルフィア牡4森川◎◎◎−−−←−−−−へろへろ


G1バトル皐月賞にエントリーしてきたのは,上記8頭。人気はフィラデルフィアとラッツエンペラーで予想各紙も◎と○を並べました。3番人気はコンサートライナー 以後ラッツパーフェクト・ヨコハマダンディと続きます。ここで馬主さんから得られたコメントを掲載しておきましょう。

馬主さんのコメント
POD ポップンパレード
ポップンフライト
ポップンパレードは抜群の勝負根性!競り合えば抜かせない。2000mの持ち時計は1’55”4。前半3番手当たりで追走できればかなり手強いはず。
ポップンフライトはHiペースに持っていくための先導馬。少頭数の単騎になれば逃げ切りも。
ラッツーさん ラッツエンペラー
ラッツパーフェクト
エンペラー→なかなか強い馬です。自信あります!
パーフェクト→SHモードの有馬記念の勝ち馬。安定するし、根性もある!優勝をねらいます。
カメレオンさん ヨコハマダンディ
ターフイム
両馬の父・母いずれも自家繁殖馬です。
ゆうさんコンサートライナー今のところ唯一の有馬記念の勝ち馬です。結構安定感があるので、運が良ければ連対も有り得るかもしれません。頑張ってくれー!!
へろへろさんフィラデルフィア 基本的には2000以上ないと苦しい長距離馬。菊花賞に自信。ここまでの成績。
新馬戦18 1着 1.45.8/朝日杯3S 1着 1.34.5 34.0
この馬でWHモードの有馬記念を制しました。



<展開に有利な馬〜PODの事前予想>
ヨコハマダンディ・ポップンフライトがお互いに競り合う形になるため前半は比較的Hiペースに進む。その後の絶好位をターフイム・ポップンパレード・ラッツパーフェクト・フィラデルフィアの4頭が形成。少頭数での争いなので,競り合う形になっても走破タイム自体はそれほど早くならない。1分57秒前半の勝負か? 直線短い中山コースなので,よほどの決め手を持っていない限り,後方からの競馬になるラッツエンペラー・コンサートボーイは届かない。2・3番人気の2頭が後ろからの競馬になるため,前残り注意!?

というわけで,PODのレース直前予想は,◎→フィラデルフィア ○→ラッツパーフェクト △→ポップンパレード ×→ターフイムです。果たして印通りに順調に収まるでしょうか?


<パドック>
枠番   馬名     コメント馬体重   脚質
ポップンパレード 体のハリも良く,いい状態に仕上がっていま
す。この状態なら十分期待できるでしょう
516−−−←−−−−
ラッツパーフェクト なかなか仕上がりがいいですね,これならい
つも通りには走れるでしょう
406−−−←−−−−
ポップンフライト 体のハリも良く,いい状態に仕上がっていま
す。この状態なら十分期待できるでしょう
498←−−−−−−−
ヨコハマダンディ この馬はハナにこだわるタイプなので,同型
が多いのがちょっと気になりますね
486←−−−−−−−
ターフイム まずまずの仕上がりのようですね,この馬の
力は出せるデキにはあると思います
580−−←−−−−−
ラッツエンペラー いつもよりちょっとうるさいようです。
レースでもまれるとちょっときびしいですよ
406−−−−−←−−
コンサートライナー なかなかいい気合いを見せています
状態も良いようで期待できるでしょう
506−−−−−←−−
フィラデルフィア これはかなりイレこんでいますね。このまま
ではレースにならないかもしれませんよ
580−−−←−−−−


<パドックを見て・・・>
まず気が付いたのがターフイムとフィラデルフィア 馬体重が580kgと非常に大型です。仕上げがやや難しそうです。対して,ラッツパーフェクトとラッツエンペラーは406kgとやや小型 道中揉まれると厳しいかもしれません。フィラデルフィアのイレコミが激しいようですが,外枠発走が吉とでるかな。


薄曇りの中山競馬場 皐月賞,G偽チ 芝2000メートル,馬場状態は良 8頭で争われます。それではここで木村さんに最後のまとめをお願いします。

気配絶好のフィラデルフィア,鞍上が魅力のラッツエンペラー,ここ狙いのコンサートライナーの上位3頭の実力は互角です。この3頭のスキをついて厩舎期待のラッツパーフェクト,逃げ脚の軽快なヨコハマダンディらの連ガラみも有りえます。


皐月賞 発走(6/7PM8:00)

スタート直後 (4,1,2,8,6,5,7)−3
スタートしました。1頭かなり出遅れました。
3番ポップンフライトはちょっと立ち遅れました。

まず,ハナを切って行ったのが4番ヨコハマダンディ。
その後に続くのが1番ポップンパレード。
8番フィラデルフィアは先頭から3番手あたりの位置どり。
6番ラッツエンペラーは中団7・8番手あたりの位置。
先頭から最後方までは4馬身ほど。ほとんど差がなく,ダンゴ状態です。
先頭は4番ヨコハマダンディ。後続との差は半馬身。
その後に続くのが8番フィラデルフィアです。
その内から進んで1番ポップンパレード。
5番ターフイム,2番ラッツパーフェクトの2頭が並走。
その後ろ3番ポップンフライト,さらに外から6番ラッツエンペラー
シンガリから追走はコンサートライナー。先頭から最後方までは5馬身ほど。

2コーナー 4−(8,1),(5,3,2,6)−7
このあたりで先頭が交代,8番フィラデルフィアに変わりました。
4番ヨコハマダンディがその後ろ,2番手につけています。
先頭を行くのは人気のフィラデルフィア。
6番ラッツエンペラーは中団5・6番手あたりの位置。
よどみのないラップをきざんでおります。ハイペースの競馬になりました。

向正面   8(1,4)−5,6(3,2)−7
先頭は8番フィラデルフィア,2番手以下を1馬身ほどリード。
その後に続くのが4番ヨコハマダンディです。
内から上がっていくのが1番ポップンパレード。
その後から追走するのが5番ターフイム。
その後からいくのが緑のぼうしラッツエンペラー。
3番ポップンフライト,2番ラッツパーフェクトの2頭が並走。
シンガリから追走はコンサートライナー。先頭から最後方までは5馬身ほど。

3コーナー (1,8)−(4,5,2)(6,3)−7
内にポップンパレード,外からフィラデルフィア。
フィラデルフィアもまだ必死にねばっている。
ポップンパレードがここでかわして前に出た。
残り600mを通過します。前を行くのは1番ポップンパレード。
6番ラッツエンペラーも中団の位置どりです。
2番手にはフィラデルフィア,その後ろにはヨコハマダンディ。
先頭を行くのはポップンパレード。ポップンパレードのリードは1馬身。

4コーナー 1−8−(5,4,3,6)−(2,7)
残り400mを通過,先頭はポップンパレード。
フィラデルフィアは脚色が悪い,ここで一杯か。
2番手にはフィラデルフィア,その後ろにはターフイム。
先頭を行くのはポップンパレード。ポップンパレードのリードは2馬身。
残り200mを通過,先頭はポップンパレード。
先頭を行くのはポップンパレード。ポップンパレードのリードは2馬身。
2番手にはフィラデルフィア,その後ろにはターフイム。
先頭を行くのはポップンパレード。ポップンパレードのリードは2馬身。
ポップンパレードが先頭でゴールイン。
今年の皐月賞を制したのはポップンパレードです。


というわけでポップンパレードの馬主さん おめでとう・・・って私でした(←自分のHPで開催したレースに勝ってどないすんねん。)


それでは見事皐月賞馬に輝いたポップンパレード号についてひとことお願いします。
人気はなかったんですがすばらしいレースをしましたね,これからもっと強くなるかもしれません

2着に入ったフィラデルフィアについてはどう思われますか
なかなか良いところを見せてくれました,この馬は今後に十分期待がもてます。

そうですか,それでは最後にレースのまとめをお願いします。
レベルの高いレースでしたね,このレースの上位馬は,どのレースに出ても次は勝ち負けでしょう


皐月賞 全着順
タイム1’57”2 34.2〜37.5 超ハイペース
前半3F 34.2(12.6〜10.4〜11.2)
〜11.2〜11.1〜11.5〜11.7〜
後半3F 37.5(11.7〜12.3〜13.5)
1着馬→好位抜出 2着馬→先行伸/3番出遅れ3馬身不利
着順馬番  馬  名性令 タイム 着差通過順位 上がり
 3F
人気馬体重

ポップンパレード牡41’57”2
3−3−137.5516
フィラデルフィア牡41’57”62・1/22−1−237.8580

ターフイム牡41’57”81・1/45−4−437.8580

ポップンフライト牡41’57”9 3/46−6−637.8498
ラッツエンペラー牡41’58”1  17−5−738.0406
×ヨコハマダンディ牡41’58”3  11−2−338.3486
コンサートライナー牡41’58”4 3/48−8−837.9506
ラッツパーフェクト牡41’59”2  44−7−539.1406


G汽丱肇襪泙箸
1〜4位までに入着した馬を管理している馬主さんには天皇賞への出走権が,5位までに入着した馬を管理している馬主さんには1位→10P 2位→6P 3位→3P 4位→2P 5位→1Pのポイントが与えられます。
天皇賞への出走権 POD
へろへろさん
カメレオンさん
 2
 1
 1

今回獲得した ポイント POD
へろへろさん
カメレオンさん
ラッツーさん
10
 6
 3
 1


<レースを終えて>
結果的にはポップンパレードが優勝しました。今回はHiペース逃げを指示していたポップンフライト号が出遅れたため,この馬が出遅れていなければ結果は変わってくるでしょう。この展開では後ろからの競馬になってしまったラッツエンペラー・コンサートライナーは届きません。蛇足ですが枠順を変えて同一馬でレースを行った場合の結果をココに掲載しておきます。よろしければご覧下さい。

このレースを見てクラシックロード優駿2の対戦についてまとめてみると,
1.イレコミやすい馬は展開に左右されやすく雑誌等への一発勝負には向かない。
2.ある程度のレベルの馬が集結するとラストの直線で馬群をさばききれないことが多くなるため,先行・外枠が有利になる。


<次走へのメモ〜競馬○○○○風に・・・>
ポップンパレード →好位からの抜けだし。展開も味方した。
フィラデルフィア →イレコミひどい。うまく折り合えていれば逆転も。
ターフイム    →道中折り合う。抜け出すタイミングひとつで・・・。
ポップンフライト →痛恨の出遅れも折り合う。好位からの競馬のほうが向いているかも。
ラッツエンペラー →出遅れのポップンフライトにもまれる展開。外で折り合えれば・・・。
ヨコハマダンディ →ペースを落とそうとしたところで競りかけられる。つらい展開。
コンサートライナー→展開が完全に向かず。脚を使わずにゴールへ。今回は見せ場なし。
ラッツパーフェクト→向正面で内につつまれ,つらい展開。外枠が欲しい。


クラシックロードの部屋(対COM攻略・対戦)